投資のための口座は一つだけ?複数持つ方がいい?

投資スタイルに合ったところを一つ選ぶ

以前は証券口座を持とうとすると口座維持手数料がかかっていました。1年に3千円ほどかかる場合があり、それなりのコストになっていました。ネット証券の登場で口座維持手数料を取るところが減っています。大手でもネット口座なら無料で作れます。では、たくさん口座を持てばよいかですが、しっかり投資をするのであれば一つに決めて行った方が良いでしょう。どれくらいの株式に投資するかはある程度決まっているはずです。100万円以上が多い、10万円以下が多いなどです。そのスタイルで最も安くなる一つに決めて行います。一つの口座で行えば、今の投資の状況や残高などをすぐにチェックできます。源泉ありの特定口座であれば、口座内で損益の調整もしてくれます。

投資をしなくても得であれば開設しておく

ネット証券を始め、多くの証券会社の口座は無料で作り維持ができます。ですから、たくさん口座を持っているからといって、コストがかかるわけではありません。それぞれの会社では、どれくらい投資したら手数料がどれくらいかかるかの設定がばらばらです。より効率的に投資をするなら、その価格帯で最も安くなる取引が可能な業者を選んだ方がいいでしょう。この場合は、複数の業者で口座を持って取引を行います。証券会社の場合、情報ツールを充実させているところがあります。この情報を見るためだけに口座を作るのも有効です。各社のツールには特徴があるので、最新の情報を入手しておきましょう。新しいツールが出た時には、その内容をチェックした方がいいでしょう。

利用したいファンドが最適かどうかを、ファンドのランキングをチェックすることで判断する材料にすることができます。

  • |