どんな株取引なの?初心者向け信用取引に関する解説

信用取引とはどのような取引なのか?

株取引は欠かせないとされる信用取引。全く携わることが無くとも、信用取引に関わる指標に対してある程度の知識が無ければ、株取引を上手く進めることができない場合があります。株取引で、お金を出して株を買い、それを売って利益や損失を出す取引方法を「現物取引」と言います。それに対し、証券会社からお金や株そのものを借り、それを使って株取引を行うのが「信用取引」です。株取引初心者には、わざわざ有価物を借りて株取引を行う必要性を理解しにくい面もありますが、実際信用取引には現物取引に無いメリットが多く存在します。

信用取引におけるメリット

信用取引におけるメリットの一つ目は、資金や株を借りることで、手元に現物取引で使用するほどのお金が必要なくなるという点です。信用取引を行うための原資は「委託証拠金」と呼ばれますが、これは借りた有価物が損失によって毀損した際、その損失額を補填するためのものであり、想定される損失額分さえ専用の口座にあれば、信用取引を行うことができるというわけです。メリットの二つ目は、株そのものを借りることで、それを売ることから株取引を始められるという点です。この売りスタートは「信用売り」もしくは「空売り」と呼ばれます。高く売ってそれを安く買い戻して返済する際の差額分が利益になるため、株価の下落局面で儲けが出ることになります。つまり信用取引を行えば、株価の上昇局面だけではなく、下落局面でも儲けを出すことができ、全ての株価の動きに対応できるようになるわけです。

信用取引を利用するには最低でも30万円のお金を用意する必要があります。また、証券会社の審査に通らなければ利用できないことも知っておきましょう。

  • |