働く人と経営者の両方をサポートする社会保険労務士

煩雑な社会保険手続きを代行

社会保険労務士は、クライアント企業のスタッフの社会保険手続きを代行することが業務の中心になります。正社員や、正社員の概ね4分の3以上の時間を超えて勤務するスタッフは労災、雇用、健康保険、厚生年金の加入が必要になります。これらは加入が義務付けられているものですが、労働者にとっても生活のセーフティーネットになるものです。

入社時はもちろん、賃金が変わったときや退職するときなど、頻繁に手続きが必要になることから、自社の事務部門で全てを行うことは大きな負担になります。毎月の給与計算についても、専用のソフトが開発されてはいますが、多くの手間がかかるでしょう。社会保険労務士はこのような企業の問題を解決します。

サービス残業を減らす方法を提案

近年、長時間労働が社会問題になっていますが、いわゆるサービス残業になることが問題の根底にあります。企業活動には繁閑の差があり、閑散期に休暇を取ることで繁忙時の所定労働時間を増やすなどの提案を行い、年間では同じ実労働時間であってもサービス残業の割合を減らす取り組みを行っています。実労働時間を減らすことが理想ではありますが、企業側にとっても労務管理でトラブルになるリスクを抑えることができます。

開業時の就業規則をコンサルティングします

一定数以上の従業員を使用する事業所には就業規則の作成と届け出が必要になります。就業規則は労働基準法よりも労働者にとって有利な内容にしなければならないというルールはありますが、その内容を工夫することでトラブルを事前に回避できます。

解雇をする場合や賃金体系についてなど、もしものときに会社に対して有利な状況を作る就業規則の提案が可能です。従業員と同時に企業を守る効率的な方法を一緒に考えましょう。

社会保険労務士の就業規則を作成するには、高額なコストがかかることがありますが、職場内でのルールをしっかりと把握するうえで多くのメリットがあります。

  • |