節税効果の高い税理士に相続税の計算と申告を依頼する!

相続が発生した場合の税理士の役割

相続が発生した場合に必要となる手続きには弁護士や司法書士など様々な専門家が関与しますが、取得した財産に基づいて相続税の計算と申告を行うのは税理士の仕事です。一般的な家庭における相続では相続税が発生するということは基本的にありません。相続税の基礎控除額が最低でも3600万円と高額であるため、相続財産がそれ以上でなければ相続税の申告も不要だからです。もし多額の相続財産があり相続税の支払いが必要となる場合には、相続税の分野を得意とする税理士に依頼することで支払い額を適正な額に抑えることができます。

相続税専門の税理士を選ぶにはどうすればよいか?

税理士にも所得税や法人税など得意となる税の分野があります。日本の税理士の多くが企業向けの法人税申告や決算業務を専門としているため、相続税についてはあまり詳しくない場合も存在します。相続税には節税効果を期待することができる様々な控除や軽減の制度があり、相続税専門の税理士に依頼することで相続税の支払い額を低く抑えることが可能です。相続税専門の税理士を選ぶためにはいくつか注意すべき点があります。まずその税理士事務所の年間の申告実績が重要なポイントです。相続税に関する相談件数ではなく実際に申告を行った数を確認することで、相続税分野への実務能力を知ることができます。また専門分野を持つ税理士はその分野に関する書籍を出版している場合があり、専門性を確認する目安になります。さらに相続税の納税額と税理士への報酬についても考える必要があります。報酬額が低くても納税額が高い場合には費用の合計額は高くなりますが、報酬額が多少高額でも納税額が低ければ費用の合計額も低くなることがあります。

相続税の税理士の対応事例を参考にするにあたり、顧客対応の良さに定評のある事務所のスタッフと打ち合わせをすることが重要です。

  • |