相続の円満解決の為に遺言書の作成はしておきましょう

期限迄に終了させないと様々なペナルティが発生します

相続税とは、その被相続人が死亡したことを知った日から10か月以内に税務署に対して、申告及び納付を行わなければならない法律です。もしも10か月以内に納付及び申告を行わないと、延滞税や重加算税、さらに土地の評価額を80%減算する事が可能な「小規模宅地等の特例」や、1億6000万円控除する事が出来る「配偶者控除」等の節税に有効な法律の適用を受ける事が出来なくなってしまいます。今回は、相続後の円満な財産分与をスムーズに行うことが可能となる遺言書の作成等について紹介します。

遺言書の作成方式は大別して2パターン存在しています

遺言書には、自筆証書遺言と公正証書遺言の2パターンが存在しています。自筆遺言証書は、全文、日付、氏名を自書し、押印を押して完成となり被相続人の死亡後、家庭裁判所において検認が行われます。この方法は、被相続人がいつでも自由に遺言書を作成する事が出来、費用がかからない点等がメリットです。デメリットは、形式不備等によるその遺言書自体の無効化が起きやすいことが挙げられます。公正証書遺言は、公証役場での2人以上の証人の立会のもとで、遺言の内容を公証人に口述し、公証人が遺言書を作成します。メリットは、内容が明確であり、書類の不備も無い為、遺言書の無効化が起こりにくくなること、デメリットは、費用がかかることが挙げられます。

相続税の準備はその道のプロとの相談をしてから行おう

相続発生時における財産分与は、遺言書の存在がなかった場合においても、「法定相続分」という方式を使用して、その相続財産を分配する事も可能ですが、この方法での円満解決はあまり望めないのも事実です。ですので、遺言書の作成をはじめとする相続税の準備は予め税理士等との綿密な打ち合わせを行い周到に行う必要があると言えるのです。

相続の申告を税理士に任せるメリットとして、申告漏れなどのリスクに備えることができ、相続人同士の問題を防ぐこともできます。

  • |