資産家たちは知っている!相続税の発生を抑える方法

相続税の支払いが必要になるケースは案外少ない

相続税には、3000万円の基礎控除枠が存在しています。つまり、相続財産が3000万円未満であれば、相続税の発生がないわけです。発生していない税金を納める必要はありませんから、納税の義務もありません。何も手続きをしなくても大丈夫なのです。しかも、一人あたりにつき600万円の控除も使えます。結果として、一人で相続財産を継承するときには、3600万円まで税金がかかってこないということになるのです。一般の人たちは3600万円も相続をすることはほとんどないのではないでしょうか。不動産は確かに高いものですが、相続をするときには建物の評価額も相当に落ちていることでしょう。最初5000万円で買っていた物件でも、相続の頃には評価値がかなり低くなっているので、結果として控除内で収まってしまうケースがほとんどです。よほどのお金持ちでもない限りは、相続税については心配しなくてよさそうです。

生前贈与で相続税の発生を回避することも可能

もしも3600万円を超えてしまうような場合にでも、あらかじめ贈与をしておけば、相続税の発生を抑えることができるかもしれません。いわゆる生前贈与というものですね。毎年110万円までの贈与なら贈与税もかかってきません。地道に贈与を繰り返して資産の移動を行っておけば、相続税を回避することができるはずです。親が高齢になってきたら、徐々に子供に財産を移動させていくのがいいかもしれません。税理士の先生を雇って節税対策を教えてもらうのも効果的ですね。節税をすれば、相続税を支払う必要がなくなる可能性は大です。

相続税相談を依頼するには、遺産相続に関するトラブルの解決事例の多い税理士や公認会計士の事務所に問い合わせをしましょう。

  • |